どらやきだけじゃない、亀十の絶品笹団子!百貨店の出張販売が並ばず買えてオススメ

グルメ
DSC_1098

亀十といえばどらやき?絶対オススメしたいのは笹団子!

浅草にどらやきで有名な亀十というお店があります。1時間並ぶほどの行列はめずらしくありません。行列がないと思ったら、どらやきは売り切れだったりします。他の和菓子類もとても美味しいのですが、ぜひおすすめしたいのは笹団子です!

笹団子といえば、新潟県のお土産で有名ですね。私もお土産でもらうイメージしかありませんでした。ちなみに笹団子はお土産でもらった時点でだいぶ固くなっていることが多いので、私は必ずレンジで温めてから食べています。

笹団子を笹に包んだままの状態で、食べる分をさっと水にくぐらせてそのままレンジで温めます。目安は600Wの電子レンジで1個あたり30秒、2個なら1分ほど温めます。熱くなるので食べるときに注意が必要ですが、できたてのようなもちもちの食感が最高に美味しいです。

亀十でも笹団子があるとは知りませんでしたが、先日新宿駅の小田急百貨店で3,4人の人が並んでいる売り場をよく見たら、なんと亀十が出店していました!10分も待たずに、どら焼きと笹団子を購入することができて、浅草で行列並ぶよりも断然いいなと思いました。百貨店の催事などでも売り切れてしまうことがあるでしょうが、浅草の本店に並ぶことを考えると、早めに百貨店へ足を運ぶほうがラクではないでしょうか。

笹団子は時間がたつと固くなってしまうイメージだったので、自宅へ帰ってからさっそく笹団子をひとついただきました。買ったばかりなのでレンジで調理する必要もありませんでした。

亀十の笹団子

笹の香りと草餅の風味がよく、団子がとても柔らかくて美味しいです。団子というよりも柔らかいつきたてのお餅のように伸びます。餡の甘さと草餅の味が絶妙であっという間に食べてしまいました。こんな美味しい笹団子が東京で買えるとは知りませんでした!

甘い物好きの人ならば2,3個はぺろりと食べられてしまいます。ただし笹団子は1個200円なので、普段のおやつに食べるにはちょっと高級品…。今回購入したのは1パック2個入りで400円也。お盆ということでちょっと特別なおやつになりました。

私は行列に並びたくないので、今後も亀十さんが百貨店に出店する機会を狙って買いに行きたいと思います。浅草まで行くよりも池袋や新宿のほうが交通の便が良いので、そのほうが買いやすいという人も多いのではないでしょうか。

亀十といえばどらやきというイメージでしたが、亀十さんのどら焼きはいわゆる王道の「どら焼き」とはかなり違うものという印象です。スポンジケーキのようなふんわりした生地で軽い口当たりだと思います。上野のうさぎやに代表されるようなずっしりとした重みではありません。どら焼きの中では東十条にある草月さんの「黒松」が一番のお気に入りですが、亀十さんのどら焼きもとても好きです。どら焼きっぽくないという声も聞くので、好みはあると思います。個人的には亀十の白あんどら焼きが好きです。

人によっては笹団子自体を固くて美味しくないと思っているかもしれませんが、亀十で売っている笹団子はとっても柔らかくて美味しいです!!新潟の名産として知られていますが、どら焼きで有名な亀十さんの餡が入った笹団子、ぜひ一度たべてみてほしいです。やっぱり亀十といえばどら焼きだと思っている人にも、どら焼きと合わせて買ってみることをおすすめします。

  • 亀十 有名特製 どら焼
  • https://asakusa-noren.jp/archives/63
  • 住所:〒111-0034 東京都台東区雷門2丁目18-11
  • 電話番号:03-3841-2210
  • 営業時間:10:00~19:00
  • 定休日:年中無休

タイトルとURLをコピーしました